「水素社会」実現に向けた課題と発展

「水素社会」と耳にしたことはありますか?
現在、エネルギー利用としての「水素」の普及は特に東京オリンピックが開催される2020年に向けて政策が進められています。

■「水素エネルギー」の普及
現在「究極のエコカー」として燃料電池自動車が実用化され、それに伴い「水素ステーション」も全国で徐々に増えてきています。水素ステーションはいわゆるガソリン車でいうガソリンスタンドに該当します。
経済産業省でも、水素社会を実現すべく取組を推進しています。燃料電池自動の普及、水素ステーションの整備を加速させるために、2018年春には水素ステーションの本格整備を目的とした新会社の設立する契約も締結されました。

「水素」と聞くと「爆発する物質」といったイメージがついてしまうこともありますが、現在ではガソリンや電気のように安全に扱う技術が確立しています。
確かに、動力を発生させたり高温を得るために使われるエネルギーは使い方を間違えれば危険なものになりますが、技術もさまざまな経験や研究の結果を踏まえて扱い方も徹底されています。

■「水素」の課題と研究
「水素」を扱う場合、貯蔵と輸送に関する問題が課題として挙げられます。
水素は元素としては最小で、拡散しやすい性質があります。

そのため、貯蔵が非常に難しく、水素ステーションでの保管や輸送についてもどのように行うかが課題となっていて、現在は天然ガス等から水素を発生させるなど、ステーションでの生産が行われています。

水素を扱った水素商材でも、製造時に入っていた水素が消費者の元へ届くころにはほとんど抜けてしまうといった問題もこの性質に関わっています。
アクアバンクで扱う商品も水素水そのものではなくウォーターサーバーやKENCOSなど「水素を発生させる」商品が多くなっています。

しかし今後、この問題を解決するために研究や開発が進んでいき、技術が確率されれば、エネルギー産業だけでなく、健康産業にも大きな発展をもたらすのではないでしょうか。

貯蔵と輸送の課題がクリアされれば、新たな水素商材や、溶存量が高い商品の開発が進んでいくことでしょう。

■まとめ
エネルギー産業と医療・健康産業と分野は別れますが、クリーンエネルギーとして「水素」を普及・実用化していくための研究・開発は我々の分野にも少なからず影響を与えると言えないでしょうか。

今後「水素社会」の実現に向けての動きが活発化することに期待が高まるばかりです。

簡単お申し込み

アクアバンク水素水タンク

月々3,980円で使い放題

配管工事なし!設置も楽々♪1年後のメンテナンスも無料♪

申込みはこちら
アクアバンクの水素水サーバーについてご不明な点は、弊社スタッフがご対応させていただきます。
メールまたはお電話よりお問い合わせください。
  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ