アクアバンクの水素水で寝汗で失った水分を朝イチで補給しよう!


夏の夜は昼間に続いて気温が高く、寝苦しい日々が続きますよね。
寝汗をたくさんかいてしまい、朝起きて不快な気分になるということもあるのではないでしょうか?
朝起きた時の体は寝ている時の汗で水分が不足している状態ですので、アクアバンクの水素水でしっかり補給しましょう!

■ある程度の寝汗は健康のサイン

寝ている間に人間は500mlペットボトル1本分程度の汗をかくと言われています。
人の身体は睡眠に入ろうとしている時に脳細胞の活動を抑えようとするため、身体が体温を下げようとして汗をかくのです。

寝汗の量が極端に多かったり、汗の質に違和感を抱ようなら体の不調を疑ったほうがいい場合もありますが、健康でもある程度の寝汗は問題ないのです。

しかし、夏場は特に気温が高く、その分汗の量も多くなりますので、何も対策しなければ脱水症状を引き起こすことになってしまうかもしれません。
また、寝汗が不快で夜中に起きてしまうという場合も改善策が必要かもしれません。

■起きた後、寝る前にしっかりアクアバンクの水素水で水分補給を!

通常、健康で新陳代謝の良い人の寝汗は比較的サラサラで不快感を与えるほどではないと言われています。
しかし、寝汗がベトベトとして不快感が残るという場合はの体の水分が不足している可能性があります。

ベトベトした寝汗を大量にかくという人は、体内の血液の濃度が上がってしまい、水分を他の体液から奪って汗として出してしまっている状態です。
不快感のある寝汗に困っているという方は睡眠中の水分不足にご注意ください。

寝ている間に汗をかきますので、体は水分が足りていない状態です。
なので、まず朝起きたらコップ1、2杯程度の水素水を飲むのがおすすめです。

また、就寝中に脱水症状を起こさないために寝る前にも飲むのがおすすめです。
水素水には筋肉疲労を抑えてくれる効果もありますので、次の日に疲れを残さない良い睡眠に繋がります。

就寝前に水分を摂ると、夜中にトイレに行きたくなるのではと不安になる人もいるかもしれません。

しかし、寝ている間に汗をかくことは避けられませんので、水分不足に陥らないためにも起床後だけでなく、就寝前の水分補給もきっちりすることをおすすめします。

■まとめ

良い睡眠が取れないと慢性的な疲労感や病気の元になってしまいます。
寝汗が不快でぐっすり眠れないという方も、睡眠前後にアクアバンクの水素水を飲むことで改善されるかもしれません。

簡単お申し込み

アクアバンク水素水タンク

月々3,980円で使い放題

配管工事なし!設置も楽々♪1年後のメンテナンスも無料♪

申込みはこちら
アクアバンクの水素水サーバーについてご不明な点は、弊社スタッフがご対応させていただきます。
メールまたはお電話よりお問い合わせください。
  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ