毎日どのくらいの水素水を飲むと効果が出やすいのか?


あなたは毎日どれくらいの水素水を飲んでいますか?コップ一杯?2Lのペットボトル2本分くらいですか?では一体どの程度の量の水素水を飲んだら効果が現れると思いますか?その目安が分かると利用しやすいと思いますのでみていきましょう!

■毎日約2L~3Lは飲んだ方が効果が出やすい!

水素水の愛飲者の口コミを見ていますと毎日約2L~3Lは飲んでいるという方が殆どです。
それはそうですよね!
健康飲料と呼ばれているドリンクの成分表を見ても何mg単位程度しか入ってません。

もし水素水だけが毎日コップ一杯で健康!
となったら劇薬以外の何物でもありません…。

水素水は魔法の水ではなくあくまで健康サポートです。
よくテレビでも健康長寿の県では何が食べられているか!
などを特集していますが、バランスよくいろいろなものを食べて最終的に健康長寿を成し得ています。

ですので使い方としてはいつも飲んでいるお茶の代わりに水素水の白湯。
いつも飲んでいるジュースの代わりに水素水。
などいつもの飲料を水素水へと代替えすることで健康サポートが行われるということです。

■水素水などでの水分補給はアルツハイマーなど脳に効果があると言われてます。

NHKのためしてガッテンやゴールデンタイムの健康関連テレビ番組でアルツハイマーの祖父や祖母に水を多く飲ませたところ症状が改善したという例が紹介されていました。

またアルツハイマーの予防になるとお医者さんが述べていました。
そして厚生労働省が発表した先進医療Bでも脳に対しての治療として水素ガスを吸引させることで脳の損傷を防ぐことが出来るという発表があり認められました。

ということは水素の効果は脳に対して効果があると言えます。
水素水が直接あるかといったらまだ研究段階ですが、少なくとも水では認知症予防や改善が出来るということがわかっています。

でしたら先進医療Bで水素吸引に脳の損傷を防ぐ効果ありと認められているのなら、水素水はただの水道水よりも効果が下回ることは決してないでしょう。

全ては結果論ですが水分も水素も脳に対して効果があるのは間違いないのでどんどん飲んでいきましょう!

■まとめ

水素水に抵抗がある場合は普通の水道水でも良いと思います。
充分な水分補給はアルツハイマーに対して予防や改善の効果があると散々NHKなどのテレビでも公表されているので、疑いの余地はありません。

それに加え厚生労働省では水素吸引の効果も認めています。
水分補給+水素吸引=水素水。

それのいいとこ取りをしたのが水素水だと思いますので、飲む飲まないはあなたさまのご自由ですがこのようなテレビ放送や厚生労働省の発表があったことはお伝えしておきます。

水道水であってもジュースであっても水素水であってもあなたさまの脳がアルツハイマーにならずにいつまでも元気で健康でいることが大切です。
私はその中でも一番効果が見受けられる水素水を愛飲していますことをお伝えいたします。

簡単お申し込み

アクアバンク水素水タンク

月々3,980円で使い放題

配管工事なし!設置も楽々♪1年後のメンテナンスも無料♪

申込みはこちら
アクアバンクの水素水サーバーについてご不明な点は、弊社スタッフがご対応させていただきます。
メールまたはお電話よりお問い合わせください。
  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ