梅雨目前・疲れを残さない!水素の力で快適睡眠

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

五月病はよく聞きますが、昨今では六月病といったものもあるそうです。
近年、研修期間が延びたり、IT化などが企業に浸透して、仕事に慣れるのに時間がかかるようになり、五月病のような症状が六月になって現れる人が増えたと考えられているようです。
6月は梅雨に入り気分も落ち込みやすくなりますので、アクアバンクの水素水を活用して元気に生活が送れるようにしましょう!

■新環境に移るとかかりやすくなる五月病・六月病

五月病や六月病はその時期になると新社会人や新入生に見られがちですが、症状としては「やる気がでない」「イライラして怒りっぽくなる」など気分や感情など精神面に現れるものや「体がだるい」「疲れが抜けない」「寝付きが悪い」など身体面に影響があったりします。

これは環境の変化によるストレスが多く、特に几帳面な人や完璧主義者などまじめな人がかかりやすいとされています。
慣れない環境での緊張に加え、「ちゃんとしなくては」と自らプレッシャーをかけるてしまうので、心身共に大きな負担になってしまうのです。

この状態を回復させるにはセロトニンを増やすと言うことが一つの手段として考えられます。
セロトニンは精神を安定させたり、睡眠周期を整える働きがある神経伝達物質で、不足してしまうとネガティブな気分に陥りやすくなったり、内臓の働きや代謝が下がってしまうそうです。

心身を健康な状態にするためには、このセロトニンが不足しないようにさせることが重要になってきます。

■アクアバンクの水素水を活用して生活リズムの改善や運動不足解消に!

セロトニン分泌量減少の原因は、不規則な生活や慢性的な運動不足があると言われています。

健康的な食事や良質な睡眠、適度な運動をすることでセロトニンが分泌されやすくなります。
また日光を十分に受けることでも分泌されやすくなりますから、日が出てから軽いウォーキングに行くといいかもしれません。

セロトニンが出るようになればさらに睡眠周期が整っていき、活動しやすくなるといういいループにもなります。

しかし、いざ始めようと思っても仕事の疲れが溜まって体がだるくやる気がでないこともあるかもしれません。
そんな時にはアクアバンクの水素水が活用できます。

水素水にはリラックス効果や疲労回復効果があるので、身体に溜まった疲れが取ることで活力にも繋がります。
また、運動する時や運動後に水素水を摂取できれば筋肉疲労も緩和され、より健康的な生活リズムを整える手助けにもなります。

■まとめ

無理なく健康的な生活リズムにするためにアクアバンクの水素水でリフレッシュしていきましょう!
もし、生活に水素水を取り入れたい場合はいつでも使い放題なアクアバンクの水素水サーバーをぜひお試しください!

簡単お申し込み

アクアバンク水素水タンク

月々3,980円で使い放題

配管工事なし!設置も楽々♪1年後のメンテナンスも無料♪

申込みはこちら
アクアバンクの水素水サーバーについてご不明な点は、弊社スタッフがご対応させていただきます。
メールまたはお電話よりお問い合わせください。
  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ