暑い夏はアクアバンクの水素水をしっかり飲んで熱中症を防ごう!


7月ももう終わりに近づき、本格的に暑い時期がやってきます。
真夏日・猛暑日が増えて、熱中症などの危険も更に高まってきます。
夏の暑さは長いと9月を過ぎても続きますので、これからの季節は熱中症に十分に注意をしていきましょう。

■こまめな水分補給で熱中症を防ぐ!

熱中症対策として常に気をつけていきたいのが水分補給です。
室温や湿気など、それ以外にも気に掛ける要因はありますが、外でも中でもまず体が水分不足にならないように心がける必要があります。

水分補給では飲む量・タイミングなどが重要になります。

個人差はありますが、1日に摂取すべき水分量は成人男性でおよそ2.5リットル。普段の食事から摂取できる水分や台内で作られる水を引いても1.2リットル程度。汗をかくならそれ以上を「水分補給」という形で摂らなくてはいけません。

しかし、一気に大量の水を摂取しても、大部分が吸収されずに排出されてしまいます。
目安としてはコップ1杯程度の飲料を8回程度に分けて飲むなど、こまめに摂取する必要があります。
また、のどが渇いているという感覚は、体が既に水分不足に陥っている状態とも言えますので、のどが渇く前に水分補給をするようにしましょう。

■毎日の水分補給を水素水にかえるメリット

夏場は大事な水分補給。これをただの水から水素水にかえたり、水素水で入れたお茶やスポーツドリンにすることで体に良いことが増えるのです。

・疲労回復効果がある
水素水には日常的な疲労回復効果や、筋肉疲労の原因になる乳酸の上昇を抑えてくれる働きがあります。
夏場の高い気温や強い日差しはそれだけ体力を消耗させます。
こまめに水素水を飲むことで、体力を回復させて疲れにくい体になることが期待できます。

・紫外線によるダメージを軽減
美容の大敵紫外線。夏は特に紫外線量が増える時期です。
夏は海に遊びに行く機会もあるかもしれませんが、砂浜や水面は紫外線を反射して照り返してくる分、体が浴びる紫外線量も増えます。

水素水は紫外線を浴びることで体内で過剰に増えてしまう活性酸素を取り除く働きがあります。
肌はもちろん、日焼け止めを塗りにくい頭皮や髪にも影響がでますので、水素水をこまめに飲んで美容対策もしましょう。

■まとめ

水素水で水分補給をすれば、熱中症の予防だけでなく健康や美容にも良いことがあり、まさに一石二鳥の効果が期待できます。
夏は熱中症対策として水分補給の機会は必然的に増えてきますので、いつもの水分補給を水素水にかえてみてはいかがでしょうか?

簡単お申し込み

アクアバンク水素水タンク

月々3,980円で使い放題

配管工事なし!設置も楽々♪1年後のメンテナンスも無料♪

申込みはこちら
アクアバンクの水素水サーバーについてご不明な点は、弊社スタッフがご対応させていただきます。
メールまたはお電話よりお問い合わせください。
  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ