アクアバンクにおけるミネラル水素水とは

水 アクアバンク水素水ブログ

036

よくミネラル水素水ということを耳にする方も多くいらっしゃるかと思います。
ミネラルと聞くとなんか体に良さそう…。程度しか思い浮かばない方の為にミネラル水素水で有名なアクアバンクの水素水を例にしてミネラル水素水とは何なのかをご説明させていただきたいと思います。

■ミネラル水素水とは?
水素水以外にも、ミネラル天然水やミネラル麦茶など飲料水にミネラルというフレーズや冠が付くことが多々あります。
まずはこの【ミネラル】という部分から掘り下げていきたいと思います。

農林水産省の発表によりますと現在13種類が栄養素として欠かせない存在であると定義されています。
(ナトリウム、マグネシウム、リン、カリウム、カルシウム、クロム、マンガン、鉄、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素)

ミネラルは人体で造ることが出来ないので食物などから摂取する必要があるとも定義しております。

摂取しやすいミネラル成分とは逆に不足しやすいミネラル成分の代表がカルシウムと鉄分です。
カルシウムが不足してしまうと骨粗しょう症になる可能性があります。
年配の方や女性の方は特に気をつけなくてはならない病気です。

それら健康のことを考えアクアバンクの水素水サーバーには天然の帆立貝から精製されたカルシウムがミネラル成分として入っています。
天然ミネラル水素水になったものを普段から飲むことで赤ちゃんや小さなお子様の骨格づくりやご年配の骨折予防などに役立つ効果があるかと思います。

■アクアバンクのミネラル水素水の効果アップ方法
例えば前述しました伊藤園さんのミネラル麦茶にはマグネシウム 3.3mg、亜鉛 0~0.7mg、カリウム 78.0mg、リン 8.5mg、マンガン 16.2μg、カフェイン 0mg、食塩相当量 0.17gのミネラル成分が650mmのペットボトルに含有されていると掲載されていました。

アクアバンクのミネラル水素水で、伊藤園さんのミネラル麦茶を造ることによりカルシウムがプラスされるのでより効果がアップいたします。

このようにミネラル成分を含んでいる他飲料や他食品とアクアバンクの水素水を組み合わせて使うことにより健康サポート効果のアップが期待できると信じております。

■まとめ
ミネラル水素水について今までよりはご理解いただけましたでしょうか?
決して無理に摂取する必要はございません。
普段の生活で足りないな?と感じていましたら自然に補う感じでよろしいかと思います。

皆様も色々なミネラルを含む食物などをご自身で探してみてはいかがでしょうか?
自分だけの組み合わせを発見することにより楽しいミネラル水素水生活を送っていただけると思います!