運動後だけでなく運動前にもしっかりと水素水で補給


皆様、運動時の水分補給には気を配っていらっしゃるでしょうか。
毎年騒がれているにも関わらず、学校の部活動中に熱中症で倒れたり、救急車で運ばれる子供たちのニュースが後を堪えません。

今年は7月にも関わらず関東各地で過去最高気温を記録するなど、活動環境も厳しくなってきております。
『毎年対策しているから大丈夫』などと高を括らず、今一度運動時の水分補給について見直してみてはいかがでしょうか?

■運動後だけでなく、運動前にもしっかり水分補給!

水は汗をかいた後に飲めばいいと思っていらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

私たちの体の水分量は、健康的な状態で体重の約60%と言われていますが、体内の水分量が約1%低下したあたりから徐々にパフォーマンスが低下し始めると言われています。

汗の量は運動量や気温などによっても異なりますが、50kgの人が30分程度の運動をするだけでもパフォーマンスの低下が始まってしまうのです。

体重の3%以上の水分を失ってしまうと、パフォーマンスの低下だけでなく、脱水症になって命の危険が生じること可能性があります。

体内の水分量が低下すれば、体内の栄養素や酸素の循環、老廃物の排出、汗が出ずに体温が調整できなくなるなど、体調不良の原因になります。めまいや吐き気、痙攣などの症状が表れ、最悪の場合には死に至ることさえあります。

そうならないためにも運動後だけでなく、運動前、運動中の水分補給は重要なものになります。
目安としては、運動をする30分前までに250~500ミリリットルの水を飲んでおくのがいいと言われています。

■水素水は疲労物質の増加を防ぐ!

水素水には疲労を回復させる効果があります。
これは臨床試験でも証明されていて、水素水を飲むことで乳酸の上昇が抑制され、筋肉疲労が低下を促すことがわかっています。

運動後だけでなくその前や最中に水素水で水分補給をすることで、パフォーマンスの上昇なども見込めます。

そのため、多数のアスリートや団体が水分補給として水素水を活用されています。

■まとめ

夏の運動は他の季節に比べても過酷な環境です。また、これから秋にかけて運動会シーズンもありますが、残暑も厳しくなるのではないかと予想されます。
暑い中運動をするという方は特に水分不足には注意しましょう。

体を壊さないためにも、運動前、運動中、運動後は水素水でしっかりと水分補給をすることをお勧めします。

簡単お申し込み

アクアバンク水素水タンク

月々3,980円で使い放題

配管工事なし!設置も楽々♪1年後のメンテナンスも無料♪

申込みはこちら
アクアバンクの水素水サーバーについてご不明な点は、弊社スタッフがご対応させていただきます。
メールまたはお電話よりお問い合わせください。
  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ