ついつい飲みすぎる。そんな人に嬉しい水素水での二日酔い対策!

「夫が二日酔いで一日中寝てて困っちゃう」なんて奥さんいらっしゃいませんか?

会社のコミュニケーションのためにお酒の席は外せない、ということはよくあることですよね。仕方のないことですが、飲みすぎて二日酔いになってダウンしてしまうのは本人にとっても家族にとっても気分が良いものではありません。
そんな二日酔いを防ぐために水素水を使った二日酔い対策をしてみませんか?

■水素水を一緒に飲むことで二日酔いしにくくなる!
水素が二日酔いに有効と言われている要因は、アセトアルデヒドをエタノールに戻す効果にあります。

アルコール成分であるエタノールは肝臓で代謝されアセトアルデヒドになります。
本来アセトアルデヒド酢酸となって、その後炭酸ガスと水になって体外に排出されていくものですが、自身の代謝能力以上のアルコールを摂取してしまうとアセトアルデヒドは体内に蓄積されてしまいます。

体内に残ったアセトアルデヒドがたんぱく質やDNAと結合したりミトコンドリアを障害したりすることで肝細胞をはじめとした多くの細胞に強い毒性を示し、吐き気や頭痛、体の震え、急性アルコール性胃炎などいわゆる二日酔いと呼ばれる症状になります。

水素水を飲むことで、代謝しきれなかったアセトアルデヒドをエタノールに戻し毒性を無効化することで二日酔いを防ぐことができるのです。

■「お酒と一緒に」、「お酒を飲んだ後に」飲むことで二日酔い予防!
水素によるアセトアルデヒドの解毒効果はアルコール量にもよりますが即効性があります。
なので二日酔い予防するために飲酒後だけでなく飲酒中のタイミングで水素水を飲みこともおすすめします!

・焼酎やウィスキーの水割りに水素水を使う
焼酎やウィスキーには醸造過程でアセトアルデヒドが一定量溶けています。それらを水素水で割ることで、飲む前にアセトアルデヒドをアルコールに還元できます。

・水素水をチェイサーとして飲む
アセトアルデヒドはお酒が肝臓に着いた直後から生成されます。お酒の合間にチェイサーとして飲むことで生成されたアセトアルデヒドを解毒できるので肝臓の代謝が高まります。

・お酒を飲み終わった後に水素水を飲む
飲酒時に生成されたアセトアルデヒドを夜寝ている間にリセットしてくれるので翌日に残りにくくなります。

■まとめ
水素水での二日酔い予防効果は即効性があり、多くの人が実感しています!
いつも二日酔いがひどい、という方は水素水で二日酔い対策してみてはいかがでしょうか?

簡単お申し込み

アクアバンク水素水タンク

月々3,980円で使い放題

配管工事なし!設置も楽々♪1年後のメンテナンスも無料♪

申込みはこちら
アクアバンクの水素水サーバーについてご不明な点は、弊社スタッフがご対応させていただきます。
メールまたはお電話よりお問い合わせください。
  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ