体調を崩しやすい季節の変わり目を水素水で乗り切ろう!

暦の上では春でも3月の始めは気温が上がったり下がったり、とても不安定ですよね。季節の変わり目は体調を崩しやすいと言われています。
しかし、3月から4月にかけては新年度に向けて忙しくなります。特に環境が変わる新入生や新社会人はをの準備に追われるため、ご家族共々体調を崩さないように気をつけたいですよね。
そんな季節の変わり目を水素水を活用して健康に乗り越えましょう!

■季節の変わり目は自律神経の乱れで体調不良に
季節の変わり目では、昼と夜の気温差、月の平均気温の寒暖差が大きくなります。激しい寒暖差は自律神経の乱れが発生しやすくなります。

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」の2種類があります。昼間や活動時に働くのが前者で、昼間や活動時に働くのが後者になります。
この2つがうまくバランスを取って作用することで、体温や発汗の調整、呼吸、循環、代謝などがスムーズに行われます。

しかし、寒暖差が大きいと、体温や発汗の調整をひんぱんにしなければならなくなります。そのため、2つの神経のバランスが崩れてしまうのです。
また、生活環境が変化する時期は、ストレスや生活リズムの変化も伴い、自律神経の乱れやすい要因になると考えられています。

そうなると頭痛や肩こり、不眠、倦怠感、目の疲労といった体調不良を引き起こしやすくなります。
ひどくなると、「メニエール病」になる方もいます。内耳のリンパが増えて水ぶくれの状態になる症状があり、難聴などを伴うめまいを繰り返し起こします。他にも胃痛や胃の不快感があったり、「過敏性腸症候群」という腸の不調によって下痢と便秘を繰り返す症状に悩まされることもあります。

健康に活動をするには自律神経のバランスを崩さないように心掛けることが大切になります。

■規則正しい生活とリラックスできる環境づくり
自律神経のバランスを崩さないためには規則正しい生活が必要になります。
しっかりとした食事をとり、睡眠をたっぷりとる。ストレスを感じている場合は心身をリラックスさせることが効果的になってきます。

快適な睡眠、リラックス効果という点で水素風呂が活用できます。
水素風呂は血行を良くし、水素の効能である疲労回復・リラックス効果が期待できます。
睡眠につく1~1時間半前に入浴し、ぬるめのお湯を張り10分程つかればゆったりと眠ることができます。
寝ている間は副交感神経が優位に働いて体や心を休ませてくれます。

また、前述したように疲労回復・リラックス効果があるので水素水を飲むことでも自律神経の乱れを改善するのに役立つでしょう。

■まとめ
急激な寒暖差と生活環境の変化のストレスのダブルパンチで体調不良を起こしやすい3月。水素の力を借りて健康に乗り切りましょう!

簡単お申し込み

アクアバンク水素水タンク

月々3,980円で使い放題

配管工事なし!設置も楽々♪1年後のメンテナンスも無料♪

申込みはこちら
アクアバンクの水素水サーバーについてご不明な点は、弊社スタッフがご対応させていただきます。
メールまたはお電話よりお問い合わせください。
  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ